2019年12月6日金曜日

第3279話 散髪すんで日が暮れて (その1)

所用時間40分で髪を整え、
向かったのはわが身にまず縁のない街、原宿。
竹下口を出て坂道を北に降りてゆく。
近々、取り壊される皇室専用駅方面だ。
大通りを外れると、ほとんど真っ暗、
それでも「アンセーニュ・ダングル」を闇の中に発見した。

ここに来たわけは読者・G田サンからの一報。
サテンに目覚めたJ.C.のため、
必訪の1軒として推奨を受けたのだった。
傘立てにビニール傘を差し込み、カウンターの中ほどへ。
すみやかにブレンドを所望した。

コーヒーを待つ間、周りに気づかれぬよう、
静かに振り向いて店内を見渡す。
フロアはテーブルの間隔をゆったり保っている。
コーナーに一段低いスポットがあったりして
下北の「トロワ・シャンブル」に似た造りだ。

店主から差し出されたブレンドは深煎りの好きなタイプ。
惜しむらくはちょいとヌルい。
これはたまたまではなく、造り手が意図するところだろう。
途中からザラメとクリームを加えて味わった。

ジャズが流れているものの、
曲名、プレイヤーともに皆目判らない。
しっかし、喫茶店ってのは手持無沙汰ぞなもし。
スタンドの淡い光のもと、ガラケーでコレを打っている。
ハイ、ここで自宅のPCに送信。

滞空10分での会計は660円。
その際、マスターに店名の意味を訊ねた。
仏語で”角の看板”だそうだ。
自由ヶ丘店に居るオーナーは
「バルビゾン」にしたかったが
近所に同名のブティックがあり、断念したとのこと。

裏道を歩いて表参道方面へ。
避けるつもりの竹下通りに迷い込んでしまう。
生き地獄のようなこの通りに
足を踏み入れるのは20年ぶりだ。

物販・飲食ともにワケの判らん店が立ち並び、
中国語・英語・スペイン語が飛び交っている。
ただでさえ人の流れが淀むのに
この夜は傘、アンブレラ、パラプリュイの花咲きまくり。
多くのバカ者、もとい、若者の手には
タピオカドリンクときたもんだ。
タピラーだらけのストリート、オラ、こんなとこイヤだァ!
こうして1杯のコーヒーから夜はどんどん悪い方向へ—。

=つづく=

「アンセーニュ ダングル 原宿店」
 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-61-11
 03-3405-4482

2019年12月5日木曜日

第3278話 過食を誘うエラベルセット

前回の理髪は10月初旬。
その際、行き掛けのランチに寄るつもりが
乗換えをしくじって断念した洋食店を再トライ。
今回もヘアカットに赴く前だった。

目指すは東急池上線・荏原中延の駅舎裏。
使い勝手のよい都営地下鉄浅草線・中延駅で下車した。
そこから小糠雨降る中を歩くのだが
駅と駅を結ぶ、なかのぶスキップロードはアーケード商店街。
何のわずらわしさもなく「洋食 ふじかわ」に到着した。

カウンター5席の一番奥に案内される。
目当ては15種類の料理から好みの2品(1150円)、
あるいは3品(1350円)択ぶことのできる、
その名もエラベルセットだ。

カキフライセット(1050円)に未練を残しつつ、
ちと重いかな? と思いながらもエラベル3品にした。
15種は海老フライ、鮭フライ、チキンカツ、とり唐揚げ、
ポーク生姜焼き、ポークソテーなどなど。
あいにくとカキフライは選抜されていない。

白身魚フライの魚種を訊ねたら、タラとの回答。
タラフライ・ハンバーグ・ポークピカタを半ライスで通す。
セットには豚汁・新香が付く。
サッポロ黒ラベル中瓶も料理と同時の提供でお願いした。

J.C.のあとに来店し、右隣りに着いた若い女性は
カニコロッケ・肉詰めナスフライ・ポークガーリック焼きと
やはりエラベル3品を注文した。
頼みなれてるから近所の住人なのだろう。

あらためて店内の様子をうかがう。
かなりの歴史を刻んでいるように見受けた。
コックコートにコック帽の店主が厨房を仕切り、
脇には調理補助の女性だが、どうやら娘ではなさそう。
マダム独りがフロアで奮闘する。
ふと、手に取った箸袋に「お好み洋食 ふじかわ」とあった。

ビール&枝豆に続き、湯気を立ててプレートが運ばれた。
フライにタルタル、ピカタとハンバーグにはデミグラス、
目玉焼きが添えられ、付合わせはケチャスパとキャベツ。
存在感薄いピカタ以外は上々の仕上がりである。

真っ緑のキューちゃん風&たくあんの新香はおざなりだが
豚汁は豚小間、玉ねぎ、根菜類に加え、
豆腐まで入った具だくさんでお得感がある。
ビールのつまみに枝豆を必要としないタチにつき、
豆を豚汁に投じて、もっと具だくさんにしてやった。
せっかく半ライスにしたのに3品セットは
もろに過食につながって、食後感に苦しさを伴う。

外はまだ雨。
ヘアサロンのある不動前まで徒歩30分の距離ながら
傘をさして歩くのはイヤ。
3線ともすべて東急電鉄の池上線、大井町線、目黒線を
2回乗換え、不動前に到達した。

予約まで時間があるため、東急ストアとオオゼキ、
2軒のスーパーの鮮魚売り場で時間を費やす。
いやはや、サカナたちを見てると飽きないや。
かといって水族館に行きたいとは思わんけどネ。

「洋食 ふじかわ」
 東京都品川区東中延1-11-19
 03-3783-7537

2019年12月4日水曜日

第3277話 オムレツサンドとジャンバラヤ

「BLUTUS」の喫茶店特集号に掲載されている、
「珈琲店 桂 台東区役所西横店」を訪れた。
区役所の西横ということは
イコール上野警察署西横である。
サンドイッチがウリの店でランチをとり、
メモ処理を済まそうという魂胆だった。

昭和通りを東に折れた路地に店はあった。
ロシア革命の50年後、1967年創業だから
すでに半世紀以上経て、昭和の喫茶店そのものだ。
店内には紫煙が蔓延、もとい、満煙していた。
いいヨ、いいとも、J.C.は喫煙者に理解ある非喫煙者だ。

フロアに女性、カウンターに男性スタッフのツーオペ。
かねて狙いのサンドイッチセット(820円)をお願い。
サンドはエッグ・ハム・チーズ・ツナ・ヴェジから
2種択べて、サラダかデザートが付く。
ドリンクはコーヒー・紅茶・ミルクからだったかな?
エッグとハム、サラダ、コーヒーを通した。
エッグはつぶした茹でタマゴではなくオムレツである。

ふ~む、こんなものでありましょうか?
オムはとてもよいのだがハムは薄いのが1枚。
ニューヨーカーに出したら皿が飛んでくるかもしれない。
まっ、これがわが祖国のサンドイッチでありましょうや。

サラダは小鳥のエサに毛が生えた程度。
コーヒーは水準に達していようが
何せ、カフェ初心者につき、確かなことは言えない。
なぜかバナナが3分の1本。
バナナを口にするのは何年ぶりだろうか?
おそらく今世紀初めて—。

後日、三ノ輪から根岸界隈を散策していて
「珈琲店 桂」の姉妹店に遭遇。
ガラス越しにのぞくと、カウンターの女性と目があった。
ランチどきだったし、彼女の笑みにもつられて中へ。
ここは上野・昭和通り角店で、こちらが1号店。
区役所西横店とは正反対の明るいパーラー風である。
スタッフも若い女性二人。
心なしか喫煙率も低い様子だった。

今回はサンドイッチ以外でいきたい。
となると、パスタかピラフ、あとは日替わりのハンバーグ。
シーフード、五目、ドライカレー、焼肉、ジャンバラヤと
5種類揃うピラフから珍しいジャンバラヤをチョイスする。

耳の奥でC&Wの「ジャンバラヤ」が鳴り出した。
本家のハンク・ウイリアムズでなく、江利チエミの歌声が—。
それはそれとして、肝心の味のほうは・・・何だかなァ。
ソーセージも小海老も入ってるのに
ケイジャンの本場、ニューオリンズで食べたのとは大違いだ。

近所にあと1軒「カフェ Katsura 上野学園前店」もあるが
当面はこれでじゅうぶん。
接客とコーヒーはよいから、気が向いたらそのうちまたネ。

「珈琲店 桂 区役所西横店」
 東京都台東区東上野4-3-10
 033844-4524

「珈琲店 桂 上野・昭和通り角店」
 東京都台東区上野7-12-8
 03-3841-4771

2019年12月3日火曜日

第3276話 赤羽に憩いのスポットあり

本日本話のサブタイトルを一目見て
ピンとくるのは都の城北が地盤の呑ン兵衛だろう。
すでに何度も語っているが
北区の酒場街、王子・十条・赤羽一帯は
かつて大日本帝国を支えた大軍都。
兵器・弾薬・軍服と、戦争及び軍隊にまつわる一切が
この地で大量に製造・生産された。

必然的に工場は24時間フル稼働となり、
夜勤明けの労働者はそのまま飲み屋に直行する。
その伝統というか、名残りというか、
北区の、殊に赤羽は朝から飲ませる店に事欠かない。

その日、京浜東北線の電車を降りたのは
朝ではなく昼下がり。
夕刻に始まる飲み会まで四半刻の余裕があった。
改札を東に出て道路向かいの「まるよし」へ。
ところが空席はナシ。
踵を返して「喜多屋」に赴くと、こちらはガラガラ。
なのに何となく入りそびれてしまった。

ネクスト・アイデアは赤羽のランドマーク「いこい」。
そう、憩いのスポット「立ち飲み いこい」である。
久しぶりに五月蝿い店主の顔でも拝むとするか—。
歩み始めたが・・・そうだ、支店に回ってみよう。
五月蝿いのがいないぶん、居心地はこちらが上。
いそいそとまではゆかぬがトコトコと向かった。

「いらっしぇや~い!」-
活きのよいオバちゃん連の声に迎えられ、
当方も気合いを入れ直す。
短時間だから入口そばのカウンターに立った。
オネエさんにスーパードライの大瓶(450円)を通すと、
「まぐろ食べる?」-訊かれたので
「いや、キス天にしとく」-応えた。

グラス片手にあらためて品書きをチェック。
スッと差し出されたキス天(180円)は小ぶりが2尾。
キスやメゴチは小さいほうが好みだ。
大衆酒場には珍しい太刀魚刺身(180円)もお願い。
薄い三切れは皮目が硬いものの、値段のわりにはイケた。
とにかく酒もつまみも安いのが「いこい」の魅力だ。

鯨ベーコン(230円)を追加する。
捕鯨再開なったとはいえ、まだまだ高価なくじベコだ。
この値段で期待は禁物なれど、案の定、質はよくない。
オマケに赤身部分が奥歯にスタックしちまった。
前歯ならともかく、
奥歯じゃ爪楊枝でせせり出すわけにもいくまい。

30分の滞空で1040円を支払い、
何はともあれ、近くのドラッグストアに駆け込み、
デンタルフロスを買い求めたのでした。

「立飲み いこい支店」
 東京都北区赤羽南1-5-7
  03-5939-7609

2019年12月2日月曜日

第3275話 モウカの星 (その2)

モウカの星を刺身で堪能したものの、
やはり生で食べるとハカがいかない。
その夜はほかにも戦利品少なからず、
星の残りは翌日に回すことにした。
小皿に移し、日本酒を振りかけ、ラップして冷蔵庫へ。
扉を閉めるとき、ひと声掛けてやる。
アスタ・マニアーナ!

二日目は火を通した。
あれこれと思いをめぐらせたが
シンプルにガーリックと一緒にバターでソテーする。
コケコッコーの星(鶏ハツ)でよくやる調理法ながら
これはもったいなかったかもしれない。
貴重な食材を月並みに処理してしまった。
もちろんじゅうぶん美味しかったがネ。

ことほどさように御徒町駅前にある、
サカナのデパート「吉池」には重宝している。
最近の当たりは星ガレイ刺身とシマアジ昆布〆で
白身魚のデリカシーを存分に楽しんだ。
ともに高級魚の代表格なのに
買い求めやすい価格がありがたい。

当店では珍魚・珍品との出会いが珍しくない。
手に入れば、面倒臭がらず厨房に立つ。
ヨロイアジ(鎧鰺)を初めて見たときは驚いた。
背びれ・腹びれの一部がビヨヨ~ンと糸状に伸び、
宇宙人ならぬ宇宙魚を思わせる容姿。
塩焼きにしてみたらトンデモない美味だった。
真アジとエボダイを足して割った感じは両者の上をゆく。

縞舌平目もよかった。
奇妙ないで立ちはヒル(蛭)の親玉みたいだから
女性には毛嫌いされること必至。
だけど、生き血を吸う吸盤があるでもなし、
よくよく見れば、自然の造形の美に感動すら覚える。
これは定番のムニエルに仕立てデリシャス。

稀少な石垣貝(蝦夷石影貝)が実に旨い。
たまに鮨屋で見かけるものの、
サカナ屋の店頭ではめったにお目にかかれない。
アオヤギ(舌切り)より肉厚な舌を刺身でやる。
甘酢にくぐらせると、さらによい

蟹肉に似た味わいのフジツボは珍味。
塩茹でよりも塩蒸しが望ましく、
食酢に生醤油を垂らしてよし。
洋風にマヨネーズかカクテルソースもまたよし。

一昨日は今が旬の福井産・背子蟹(ズワイのメス)と
岡山産・蝦蛄を晩酌の友にしたが
よくぞ日本に生まれけり。
多種多彩な海の幸に、ついつい酒量も増加の一途だ
J.C.にとって精肉売り場はちと退屈ながら
鮮魚売り場はわが世のシャングリラなのであります。

「吉池」
 東京都台東区上野3-27-12
 03-3831-0141

2019年11月29日金曜日

第3274話 モウカの星 (その1)

一週間ほど前のこと。
近所のスーパーを除けば、
最も立ち現れる機会の多い食材調達先、
「吉池」の鮮魚売り場で獲物の物色に励んでいた。

以前は湯島及び、小石川に
それぞれ本店(経営者が兄弟同士)を構える、
「丸赤」のデパ地下出店(でみせ)をよく利用したが
とにかく高価に過ぎてバカバカしくなった。

本まぐろの赤身刺しが1人前2000円、
柳かれいの一夜干しが1枚3000円では
エンゲル係数のコントロールなど夢のまた夢、
到底かなうものではない。

おまけに大西洋ならぬ、八王子のハニューダ諸島が
身の丈に合った食生活を送れ!
なんて言い出すもんだから、たとえアホの戯言でも
食いモンに関しては一理ありと従った次第。
だけど、今度どっかであの肥満体を見かけたら
斫(はつ)ってやろうと企んでいるんだ。

さて、その日一番の収穫はモウカの星であった。
モウカの星? ほとんどの読者が何だソレ?
首を傾げたことであろう。
言っちゃあなんだが
モウカの星は巨人の星と縁もゆかりもない。
モウカというのはモウカザメ、名ネズミザメだが
真鱶鮫からきているらしく、星はその心臓なのだ。
煮ても焼いても食えない、無理に食ったら即、
食中毒の安倍シンゾウとは真逆でコイツは美味い。

それがワンパック500円で売られていた。
量が少ないからかなりの高級品だ
にもかかわらず、美しい深紅の輝きに魅せられて
放り込んだマイ・バスケットである。

一口サイズにスライスされており、
あとは薬味の用意をすればよい。
いろいろと試してみた。
基本は生醤油だが、合わせた薬味は以下の通り。
天城産本わさび、スライスにんにく、おろしにんにく、
おろししょうが、コールマンのマスタード、
SBのチューブからし、SBのチューブホースラディッシュ、
そして胡麻油&ヒマラヤのピンク岩塩。

よかったのは、おろしにんにく醤油と胡麻油&岩塩だった。
人はレバ刺しに似ているというが
レバは肝臓、星は心臓、弾力がまったく異なる。
天下の珍味と言えなくもなく、
河岸でも酒場でも見かけたら試食をオススメしたい。

=つづく=

2019年11月28日木曜日

第3273話 そば屋は昭和27年生まれ (その3)

数日後、かっぱ橋本通りに再び現れたJ.C.、
またもやまたいだのは「松月庵」の敷居であった。
気に染まるそば屋を見つけて
そこのそばを食わないことにはハナシにならない。
ただし、この日も昼どきにつき、晩酌はできない

本日のランチセットは1種(950円)のみ。
ミニ天丼と麺類の組合わせをもりそばでお願い。
天丼はミニとはいえ、立派な海老が2本に
ニードレスなカニカマが1本。
胡麻油香る海老天は素材、揚げ上がりともによく、
下町の天丼そのもの、前回の海老フライとは大違いだ。

ところが、どうしたわけか肝心のそばがイケない。
皿盛りの、いわゆる冷やがけだが
そば自体に香りもなければ力もコシもない。
つゆはOKながら、そばはシマダヤの袋麺並み。
これにはガックリと肩を落としたJ.C.である。

このとき背後から声を掛けてきたのが接客のご婦人。
彼女をオバちゃんと呼ばぬのは
言葉遣い、物腰に品があるからだ。
「うしろに書いてありますように
 営業は来週の土曜(16日)までなんです」
振り返って壁を見上げ、
「エエ~ッ! 閉業ですか?」
「いいえ、建て替えなんですのヨ」

この建物で営業を続けること51年。
客の安全を考えて建て直し、令和2年7月中旬に復活する由。
千駄木「砺波」は老夫婦が体力の限界を迎えたが
「松月庵」は建物の限界につき、これは直せば生き返る。
日程的に晩酌は難しくとも、かねてより気になっていた、
石臼挽き手打ちそばをぜひ食べておきたい。
接客のご婦人に伝えた。
「来週また、うかがいます」

その日の石臼挽き手打ちそばは
北海道川上郡弟子屈町摩周産、キタワセの十割打ち。
これが750円、天付きは1150円。
ここはちょいと奮発して天ぷら付きで—。

はたして・・・いやはや、ランチセットのそばとは別物だ。
つややかにせいろに盛られ、枯れて寂れた色合いは
今少し緑が勝てば、千利休が好んだ利休鼠となろう。
コシあくまで強く、噛みしめ感を存分に楽しめる。
つゆは前回同様、甘みを備えた町場感あるタイプ。
これはこれで好きだが薬味はちと残念で
大根おろし、似非わさび、切り口雑なきざみねぎ。

天ぷらの陣容は、大海老、なす、玉ねぎかき揚げ、カニカマ。
こちらは安定の揚げ上がりである。
とにもかくにも手打ちそばの美味さ忘れがたく、
新装なった際は稚鮎の天ぷらで一杯飲ってから
味わうことといたしましょう。

=おしまい=

「松月庵」(現在休業中)
 東京都台東区松が谷2-28-9
 03-3841-4927