2020年1月23日木曜日

第3313話 こんなに出て来てワンコイン

いつものようにヘアカットへ赴く途中、
メトロを降りた千代田線・日比谷駅。
日比谷通りを新橋に向かい、南へ歩く。
歐陽菲菲のデビュー曲、
「雨の御堂筋」が脳裏をよぎるけれど、
大阪在住の五月蝿い小姑・らびちゃんに
またブウブウ言われるからやめとく。
もっとも舞台が大阪なら
大阪人は受け入れてくれるかもネ。

菲菲は、”あなたをたずねて”南へ歩いたが
J.C.は、”洋食屋をたずねて”南へ歩いている。
到着したのは西新橋の「キッチン 岡田」。
初老のシェフが独りきりで営む店だ。

先客はゼロ、長い逆L字形カウンターを独り占め状態。
ビールは控え、日替わり定食をライス半分でお願いした。
コンソメ風スープとキャベツ主体のサラダが供される。
醤油味のスープはコンソメとうどん出汁のブレンド風。
胡椒が主張するものの、洋食屋のイメージにはほど遠い。
拍子切りのにんじん1片と貝割れが散るサラダは
野菜よりもドレッシングが秀にして逸。
ニンニクと玉ねぎのパンチが効いている。

メインプレートとライスが運ばれた。
主役のチキンソテーはもも肉使用の生姜醤油味。
小さめながらカニコロッケ&ヒレカツが脇を固める。
繊切りキャベツと自家製マヨネーズが添えられる。

ドレッシングといい、マヨネーズといい、
町場の洋食屋のレベルを超えて
店主はホテル出身じゃなかろうか・・・。
あらためて風貌をうかがい見ると、
人品骨柄、卑しからぬものがあった。

おっと、ライスが白飯じゃないゾ。
玉子と玉ねぎの玉々ピラフだ。
ていねいに炒まって
バターの香りがうっすら立ち上る。

この定食がたったの500円とはビックリだが
単なるビックリではなく、もはや驚愕に近い。
そしてどうしても
ワンコイン・ランチの料理人とは思えない。
それなりの修業に裏打ちされた技量を感じる。

価格設定は考えに考えた末の結果だろう。
高利益は望めずとも、この値段なら客は必ず来る。
さらに人件費をかけなければ、つぶれる心配はない。
家賃は高くとも新橋と神田はあくまでもオヤジの街だ。
老若を問わず、近隣の勤め人には応援してほしい。

「キッチン 岡田」
 東京都港区西新橋2-6-1
 03-3508-7759

2020年1月22日水曜日

第3312話 塩豚タンと味噌串かつ

三ノ輪橋をあとにして
都内の幹線道路、明治通りに出ると、
都営バスが近づいて来た。
遠目にも行く先の池袋駅東口が読み取れ、
反射的に乗りこんでしまう。

このバスはわが家のそばに停まる。
ウチ飲みもよし、近場飲みもまたよし。
ガラガラの車内で揺られることしばし。
「次は新三河島駅前です」-
ん? 何だ、なんだ!
いったいこのバス、何処へ行くんだ。

路線図を確かめてナツのトク。
さっきのバスストップは
2ルートの池袋駅東口行きが通っていた。
いつも(あまりバスには乗らないが)
利用するのは西日暮里駅ルート。
乗っているのは王子駅経由だ。

王子は前日、チンチン電車で行ったばかり。
同じ轍は踏みたくないから
取りあえず、ネクストストップで降車した。
ここ新三河島には勝手知ったる冠新道があるしネ。

およそ1年前の年の瀬に新道の「熱海屋」で
一飲に及んだが、この日は正月休みの真っただ中。
代わりに並びの「とん國」が灯りを点していた。
名古屋風味噌とんかつの店だが
一度試したかっただけに、しめしめ。

ワンオペの店主は口が重く、先客の姿もない。
な~んか、暗~い雰囲気。
黒ラベルの大瓶と、
手軽な豚タン塩焼き(280円)を通し、
壁に一筆あった字を読んだ。

当店創業1973年6月
今年で47周年 
       店主 

 ずっとこの場所で続けてきたらしい。
キャベツを添えた豚タンは思いのほかよかった。
味噌かつ専門店におジャマして
名代をスルーするわけにはいくまい。
かといってロースカツのフルポーションはムリ。
よって1本の串かつ(280円)に行く末を託す。

三州岡崎の八丁味噌が主張するタレは
けして好みじゃないけれど、
たまに食べると舌先に変化をもたらし、いいもんだ。
カツやフライにはウスターソースが好きだが
名古屋の味噌ダレはとんかつソースより嗜好に合うかも?

フルの味噌とんかつを完食したのは
15年前の「矢場とん 銀座店」が最後。
近いうち、どこかで再挑戦する気持ちになりました。

「味噌かつ とん國」
 荒川区西日暮里6-33-8
 03-3800-4496

2020年1月21日火曜日

第3311話 連日の三ノ輪参り (その2)

私利私欲に走って汚辱にまみれた、
一権力者の無節操により、肥大化した桜を見る会。
おのれの意思を無条件放棄した茶坊主までが
「思い出すのもイヤ!」と泣き出す始末。
死ねとまでは言わないが一日も早く、
AASトリオには表舞台から退いてもらいたい。

だけどサ、よくよく考えりゃ、
あれだけの映像・画像が残ってるんだヨ。
全部持ち寄って克明に分析すれば、名簿なんかなくとも
かなりの数の出席者が特定されるんじゃないの。

とりわけ首相枠で招待された輩は
バカ殿の周りを蝿のように飛び回るから
目一杯カメラにおさめられているハズ。
さして難しい作業とも思えんがなァ。

それはそれとして
ジョイフル三ノ輪手前の「中華そば 光」。
店内はカウンター5席しかない。
本家筋が北区・東十条にあるそうで
晩酌セット(880円)はこうであった。

スーパードライ中瓶 桜エビ煮玉子
あぶりチャーシュー 鳥つくね 細先メンマ

割安感はじゅうぶん。
手酌でトクトクやって、そのままクィ~ッ!
小皿を見つめると、やはり目立つのは薄紅色の煮玉子。
断面はピンク・ホワイト・イエローのトリコロールで
海老特有の香りもうっすらと―。
ハハ~ン、こいつは中国かベトナム産の乾燥オキアミだな。

立ち食いそば屋のかき揚げに混じってるヤツは
着色料・赤色102号で染められており、
溶け出した色素が白い玉子を色づけたのだ。
駿河湾どころか、台湾沖のものですら
本物の桜海老なんか使える道理がない。

それぞれにそれなりのつまみを食べ終え、
他店に類を見ないカルピスバターを浮かべた、
塩ラーメンといきたいが
それでは本日のカロリー摂取がリミットに達する。
ストマックに余裕を残すため、
ハーフの水餃子(3個=240円)を追加。
これもまた水準には達していた。

まだ宵の口ながら、このまま帰ろうか―。
それともどこかで飲み直そうか―。
思いをめぐらせつつ、明治通りを南に横切った。

「中華そば 光」
 東京都荒川区南千住1-32
 電話:ナシ

2020年1月20日月曜日

第3310話 連日の三ノ輪参り (その1)

ジョイフル三ノ輪商店街の餃子に執着したんじゃないが
翌日も三ノ輪参りを決行した。
青年は荒野をめざすが、老年は餃子屋をめざす。
前日は徒(かち)を敢行したから
ちょいと楽してバスを利用することに―。

谷中と千駄木を分断する、よみせ通りにて
台東区のコミュニティバス、東西めぐりんに乗車。
ドライバーから乗換え券をもらい、
台東区役所で今度はぐる~りめぐりんに乗った。

ジョイフル商店街は花見に例えりゃ、まだ五分咲き。
2軒の餃子屋も片方だけ営業していた。
なるほど店先に細長いテーブルが無造作に出されている。
だけど、人通りの少ない通りに独りボーッと突っ立って
缶ビール片手に餃子なんか食ってられんぜ。

誰がどう見たって怪しいヨソ者。
通り過ぎる地元の婆ちゃんに
胡乱な目で振り向かれるに違いない。
吹き抜ける風も首筋をかすめてゆく。

あ~あ、今日もダメだったか・・・。
それでも表情に落胆の色浮かばぬのは
正月の成せるわざかいな?
まっ、今年ものんびり生きてくヨ。
人生なんて大体でいいんだ、大体で―。

アーケード入口に出戻ると一軒の町中華。
ここでビール&餃子にしようか―。
そのとき、傍らの小さな店に気づいた。
「中華そば 光」はちっとも光っておらず、
どちらかというと、くすんでいた。

前夜、王子でオマール海老ラーメンを食べたばかり。
ここでまた中華そばは多少の抵抗がつきまとう。
それでも心惹かれるポイントが3点も―。

その一、晩酌セットの用意があった。
その二、つまみに桜エビ煮玉子が含まれる。
その三、トッピングにカルピスバターあり。

いいじゃないの、渡りに舟の晩酌セット。
いいじゃないか、昨日オマール今日サクラ。
よって独り、桜を見る会の決行に及ぶ。

汚辱まみれのアホ首相、清廉潔白なアホJ.C.、
同じアホなら清いがいいに決まっとる。
IKKO もさおりも文珍もおらんけど、
連中だって今となりゃ、片棒を担いだことを憂い、
とまどいの日々を送っているのかもしれないネ。

=つづく=

2020年1月17日金曜日

第3309話 帰宅しないで 北区でラーメン

都営荒川線に揺られている。
そこそこ飲んだから町屋で千代田線に乗り換え、
帰宅してもよかったが、まだ浅い時間帯。
町屋から11駅も先の北区・王子まで行っちゃった。
この間、呑み助を吸収する繁華な町は一つもない。

王子には目当ての店が2軒あり、
ダメ元で向かったものの、やはりダメだった。
「山田屋」も「宝泉」も扉を閉ざしていた。
まだ正月の三日だものな。

荒川線だと、次に続く繁華街は巣鴨。
とげぬき地蔵を擁する巣鴨なら
参詣客狙いの店がいくらでも開いているだろう。
待て、待て、王子はプチ・ターミナル駅、
移動先の選択肢は広い。

そんなことを考えつつ、駅まで戻る道すがら
暗闇に点る灯りはラーメン店「八重桜」だ。
通常は看過するところ、品書きの一品に興味が湧いた。
その名もオマール海老ラーメン(1050円)。
酔いも手伝って、ああだこうだと
わずらうヒマもあらばこそ、即刻入店。
食券機に限定品とあり、スタッフに有無を訊ねると
まだ残ってると聞いて、ポチッ!

のちに判ったことながら店のルーツは足立区にあり、
海老出汁ラーメンが名物らしい。
これもあとで知ったが尾久から王子にかけて
界隈は富士丸だの、富士松だの、竹千代だの、
艶っぽい名前のラーメン屋が目白押しだ。
エリア全体が三業地の芸者置屋の如し。

王子では狙った店に肩透かしを食らい、
これも何かのお導きと判じ、アルコールを自重した。
推察した通り、オマール海老ラーメンに
オマール海老の姿はない。
代わりに甲殻類特有の香りが立ち上がる。
むせ返るというほどではないが濃厚な匂いだ。

2種類のチャーシューが1切れづつ。
ロースの薄切りに
バラの厚切りのほうは煮豚の炙り返し。
中太麺は粉々感強く、太いシナチクとともに歯応え強し。
こりゃ、入れ歯の爺さんはお手上げだろう。

特筆はクリーミーなスープだ。
仏料理のソース、アルモリケーヌに限りなく近い。
アメリケーヌと混同されるけれど、
実際はまったく同じソース。
J.C.はオマール海老の産地・ブルターニュの古名、
アルモリケーヌを意識して使用する。

願わくば、このラーメンの脇に焼き立てのバゲットと
少々のエシレ・バターがあったら最高。
入れ歯の爺さんとは違った意味で降参のお手上げざんす。

 「八重桜」
 東京都北区1-15-5
 03-3912-1988

2020年1月16日木曜日

第3308話 大陸から 半島から (その3)

都内に唯一残った都電荒川線の東の果て、
三ノ輪橋駅は荒川区にあり、地番は南千住。
一方のメトロ日比谷線・三ノ輪駅は台東区・三ノ輪。
「海月(みつき)」は南千住1丁目で
商店街、ジョイフル三ノ輪に同じくだ

ケチャップの出し方に感心した。
フツーはウインナーの傍らに添えるだろう。
こんなところにもデリカシーがにじむ。
いや、日本人以上だネ。

越乃寒梅の冷酒に切り替えた。
40年前、一世を風靡した越後の酒は好きだ。

「歌、唄いませんか?」と彼女に問われ、
「初めての店に来てシラフじゃ唄えないヨ」
「それじゃコレ飲み終わったら・・・」
「歌の代わりに玉子焼き食べようかな?」
「ハイ、甘くしますか、しませんか?」
「ん? そうだネ、砂糖入れてちょうだい」

玉子焼きの甘辛選択はよくあるケースながら
外国人に訊かれるとは思わなんだ。
しかるに、焼き上がった玉子焼きはあまり甘くなかった。

寒梅のあと、黒霧島のロックを1杯飲り、
グループ客の到来を潮にお願いした勘定は3千円。
商店街が開いていれば、足を踏み入れなかった店。
ここは当たりである。
でもネ、モクモクの煙草の煙、
ときとしてガナり散らすカラオケに耐えられる人に限る。

上野か浅草に廻るとするか?
日光街道に出たとき、通りの向こう側、
JR常磐線のガード下に居酒屋を発見。
当たりが続くワケはないと思いながらも引き戸を引いた。

「花りん」のカウンターにはきこしめした先客一人。
切盛りするのは女将独り。
壁の品書きにチャミスルなんかもあり、
女将は半島出身者と思われた。
ニ世、あるいは三世かもしれないがネ

「海月」といい、「花りん」といい、
正月早々、店を開けるママや女将はあちらの人ばかり。
アサヒの中瓶をもらうと、突き出しは韓国製かな?
派手な正月模様のかまぼこに
里芋とほうれん草を炊いたのが出てきた。
黒霧島のロックにスイッチする。

続々と客が詰めかけて、みな常連の様子だ。
カウンターが狭苦しくなってきたから新顔は退散。
三ノ輪橋駅の公衆トイレで用を足し、
そのまま早稲田行きのチンチン電車に乗り込んだ。
言っときますけどコレ、駄ジャレじゃないっすヨ。

=つづく=

「居酒屋 海月」
 東京都荒川区南千住1-15-5
 090-1052-7459

「花りん」
 東京都荒川区南千住2-1-1
 03-3801-0177

2020年1月15日水曜日

第3307話 大陸から 半島から (その2)

荒川区・三ノ輪橋のカラオケ居酒屋、
「海月(みつき)」の止まり木に止まっている。
客入りは9割に近く煙草の匂いが鼻をつくが
スモーカーにやさしいノンスモーカーにつき、
さほど気にならない。
ビールは生がサッポロ、瓶はアサヒ。
スーパードライの中瓶を所望した。

営むのは女性二人でまだお若い。
注文を取ってくれた背の高いほうは
言葉の訛りからしてチャイニーズ、おそらく大陸だろう。
お酌をしてくれて、お通し(300円)を置いていった。

ん? このお通しが実に端正だ。
一見して筑前煮(がめ煮)と判る。
素材を検証すると、
たけのこ・にんじん・ごぼう・れんこん・こんにゃく。
それぞれの切り口が丁寧にして綺麗。
見ただけで、味悪からんことを確信する。
本来の筑前煮は鶏肉必須だが菜食に徹するのもまたよし。

うむ、ウム、なかなかだ。
下手な居酒屋の愚にもつかぬお通しには
裸足で逃げ出してもらいたい。
こういうのなら、有料おおいにけっこう

調理担当はもう片方の女性だが、
包丁、味つけとも秀にして逸、このヒトはデキる。
どこぞの板場で修業したのかもしれない。
たぶんこちらがママだろう。

彼女がそばに来たとき、訊いてみた。
「これはアナタが作ったの?」
「そですヨ」
ん? ホンのちょっと訛りがあった。
「中国の人? どこの出身?」
「ハイ、香港の近くです」
「広州かな?」
「深圳でっす」
こりゃ、驚いた。
味つけもさることながら
あの包丁は和食の経験がなければ難しい。

あらためて壁の品書きをつぶさに再見すると、
本格的なものはなくとも、そこそこの品揃え。
ここはスナックではなく居酒屋である。
重い料理は避けて通りたい。
赤いのが出てくるものと、焼ウインナーをお願いした。

すると・・・確かに赤いのは出てきた。
それも小皿で―。
大皿には太めのソーセージが3本。
ウインナーとフランクフルターの中間サイズに
黒胡椒が振りかかっている。
小皿の赤いのはトマトケチャップなのでした。

=つづく=